ワイン集

  • 2008/03
    今まで飲んだワイン全集。 良くも悪くも飲むべし。
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月28日 (月)

K YAMAUCHI

8月は二人とも誕生日なので
またも K YAMAUCHIへ

1


2

前菜1
創業140年 種久の最中
枝豆のピューレ 山椒 
茶豆とウナギの蒲焼
この最中一つとってもシェフ自ら
考え選びそしてそれを見事に
フレンチに仕上げた所に脱帽sign01

3 4

前菜2
冷製桃のあわ
これは前回のメニューにもあったけど、演出は変えてきましたね。
卵の形をした器でキンキンに冷えてます。

5 6 

前菜3
北海道産中林ファームのトマト
トマトのコンソメジュレ オイルの氷

7 8

これまたすごい演出です。
液体窒素で凍らせたオリーブオイルを
トマトのジュレにあとから振り掛けるんです。

9

前菜4
フォアグラのソテー
瀬戸内産レモンのジャムを
使用した蕪のソース

10

やっと来ましたあつあつのパン。

11

最初のワインたちです。
左からサンセール、ヴィオニエ、シャブリ

12

前菜5
サラダ・フリュイ プラム 佐藤錦さくらんぼ
とり貝・あおやぎ・甘えびを散りばめて
華やかですね。smile

14

魚料理
岡山県産 まなかつお 愛鹿児島県産緑竹
木の芽のソース オカヒジキ磯の匂い
黒いお皿に白い泡は引き立ちます。

13

魚に合わせ、リースリングを少し。

15

肉料理
北海道産 夏鹿のロースト

16

合わせたのはボーヌ。
8年経って飲み頃迎えたかな。

17

いつものようにチーズを追加。
それでできたのはポムロール。
妻はハーフで。

18

殆どチーズ食べてしまった。coldsweats01

19 20

左が私のデザートで
西瓜 バローナ産ホワイトチョコレートと
抹茶の泡
右が妻のデザート
無花果のテリーヌ グラスを添えて

21

最後に誕生日だったので特別に
小菓子をアレンジしてもらいました。

山内シェフのクオリティに
今回も参ったと言わせてください。

ソムリエの鍋山さんにはいつも
無理聞いてもらってすみません。
次回も楽しみにしてます。

2015年9月14日 (月)

ガッルーラ

もっとも予約の取れないイタリアン
念願の「ガッルーラ」へ。
来店日 2015年8月13日

1

入口からはレストランとは
分からない感じです。

2

まずは。プロセッコ ¥900(グラス)
中にフランボワーズ・ブルーベリーが
入ってて、ニクイ演出です。

3

オリーブ。

4

前菜の前にパン。
いろんな種類があってうれしい。up

5

前菜① 二人とも
平目のカルパッチョ
カラスミのせ なべゴールド添え
「なべゴールド」とは
愛媛の晩柑という柑橘です。
面白い名前ですね。

6

妻の前菜
鮎のカダイフフリット
胡瓜と大葉のサルサ
赤穂紫蘇を添えて

8

ワインはソムリエにまかせて。
それに合わせてロゼワイン。
モンテニドーリ・カナイオーロ 

7

私の前菜
フレッシュフォアグラとマンゴー
シェフのスペシャリテです。
フォアグラはとろけます。

9

私に合わせてもらったのはデザートワイン
カステル・デペオリス
ムッファ・ノビレ 2011 ¥1200(グラス)
セパージュは、セミヨン 70%
ソーヴィニヨンブラン 20%
モスカートジャッロ 10%

10

次のパンが登場
玉葱を練りこんだフォッカッチャ
めちゃめちゃうまい。
何個でもいけそう。happy02

パスタは2種類を選んでそれぞれ
ハーフで2皿出してくれました。

11

鴨もも肉のラグー タリアテッレ
絹川茄子とたっぷりのペコリーノチーズ
さすがと言わんばかりの完成度sign01

12_2

カカオを練りこんだタリアテッレ
あまり選択肢がなっかったので
これにしたけど、妻には不評でした。

13

パスタに合わせ
イルビニア・アリアニコ 2010 ¥1000(グラス)
セパージュ アリアニコ 100%

14

メイン
南半球の仔羊
ハスカップのサルサ
フランス産天然ジロール茸

15

肉に合わせて赤
タスカンテ 2010 ¥1800(グラス)
セパージュ ネレッロ・マスカレーゼ

17

コースでドルチェかチーズを
選べたので当然チーズ。

16

チーズに合わせてもう一杯
ヴァルポリチェッラリパッソ
クラシコ・スペリオーレ 2009
セパージュ コルビーナ 50%
ロンディネッラ 35%
モリナーラ、クロアティーナ合わせて15%
これはリストに載って無い物を
出してくれました。

ワインはやっぱソムリエがいると
頼りになります。ましてや
イタリアワインははっきり言って解りません。

サービスの質、タイミング、
料理・ワインの説明、
予約が取れない理由は
行ってみてわかりますね。

2015年9月 5日 (土)

壺中天

8月来店

1

新栄にある「壺中天」へ
移転前のお店には行った事が
あったけど移転してからはお初。

3

まずはクレマンで乾杯 グラスで¥980
店内はこんな感じです。
もう少し広いと想像してたけど
そこまでではなかった。でも
天井が高いので空間的には
ゆったりしてます。

4

お口取り
5種類もありびっくり。

5

妻の前菜
オマール海老とウニの
コンソメジュレ
カリフラワーのクリーム

6

私の前菜
若鶏とフォアグラ
里芋のガランティーヌ
最初のお口取りが良かっただけに
イマイチでした。

7

フォアグラだったのでアルザスの
甘めのって注文したら
ゲベルが出てきた。グラスで¥1300
これは私的に失敗でした。

8

バケット 普通。

9

魚料理
アマダイ
このソースかなり濃厚でうまい。

10

合わせたワインはブルゴーニュ。
オークセイ・デュレス グラス¥1800
ムーラン・オー・モワーヌ 2011
妻はハーフにしてくれました。
魚のソースが濃厚なのでピッタリ。

13

妻のメイン
仔羊背肉のロティ
結構レアです。

12

合わせたワインはシャンベルタン
ジュヴレ・シャンベルタン 2012
ドメーヌ・デュロシェ 
ちなみにリストには2011だったのですが
ソムリエの戸田さんはこっちの方が〇
と言うことで。 グラス ¥700(ハーフ)

14

私のメイン
黒毛和牛のポワレ
やっぱ和牛は柔らかい。
ナイフがす~と入ります。

11

合わせたワインはこちら
シャトー・マルテ 2011
メルロー 100% グラス¥1600
これはリストに無い物を。
かなりレアものです。
シリアルNO入りです。

15

お口直し

17

妻のデザート

16

私のデザート

18

小菓子と飲み物

前の店舗では戸田ソムリエに
会ってなかったけど、
あんなに腰の低い感じとは
思わなかったです。

サービス的には、水のタイミング
料理・ワインもよく気配りされている
印象はありましたね。
一つマイナスはメニューをよく見れば
よかったんですが、
最後の飲み物が別料金でした。
そのときの説明は無かったです。
もう一度行くかと聞かれると?

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック