ワイン集

  • 2008/03
    今まで飲んだワイン全集。 良くも悪くも飲むべし。
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月14日 (木)

ハムのデパート

生ハムの高級ランク「クラッテッロ」を
唯一食べれる所へ。

1

お店の名前は「GO GOバー」
実は「クラテッロ」をどこかで購入出来ないか
探したけど、断念。

ココは、ハムの充実もさることながら
ワインの充実も半端ないです。
酸化しにくいサーバーがあり、
常に24種類のグラスワインを
ラインナップ。

3

5

6

8

店内は思ってたより狭く、
カウンター約6席ほど、
隅っこにテーブル席。

今回はアペ利用で伝えてあるので、
泡で生ハムを3種類オーダー。

2

これぞ、探し求めていた
高級生ハム「クラッテッロ」
25gで、¥1300なり。

まず香りの芳醇さ、口どけ、
口の中に入れた時のまろやかさ、
それでいて塩分もほどほど、
多少の甘味も感じる。
いつもイオンの安い生ハムしか
食べないので、これは感動もんです。

4

次に頂いたのが、
松坂牛の「ブレザオラ」。
25gで、¥1100
牛肉を塩漬けした物、
といったら解りやすいかも。
イタリアではそういった名前で
作られているけど、日本には
輸入出来ない事となっているので
松坂牛を使って作っている、と言う訳。
熟成度は、バッチリ。
さすが松坂牛、サシもしっかり。
とろけます。

7

最後に注文したのが、
「チンタセネーゼ・サラミーノ」
イタリア・トスカーナ地方の
希少な豚を使ったサラミ。
40gで、¥900

時間がまだ早かったせいか、
お店には、しばらく私だけでした。
なので店長さんと色々お話できて
楽しかった。

店長さんと、もう一人従業員の2名体制。
肉の事や、つきあわせの野菜まで
詳しく語ってて、ちゃんとしてるお店です。
今度はちゃんと腰を据えて
食事しようと決めました。

ゴーゴーバーワインバー / 栄駅(名古屋)栄町駅久屋大通駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.0

2016年4月11日 (月)

覚えていました。

2か月ぶりのヴァンビック
来店日2016年3月20日

お気に入りになった感が
あったが、2か月が経過。

でもさすが覚えてくれてました。
しかも、私がお気に入りになった
ワインも覚えてて、今回は
残念ながら無かったけど。

1

まずは泡。
ミッシェル・アルノー・グランクリュ
ヴェルズネイ ブリュット
セパージュはピノ 100%

2

前菜
野菜のテリーヌ・・・
だけじゃない?いろんなものが
乗っかてる。
海老・サーモン・隠れてますが
ホタテもあり~のボリューム満点

3

トリンバックのピノグリ

4

たしかあおさのスープ

5

魚料理

6

白のマコンフュッセ。

7

赤に突入。
マルサネとイランシー

8

肉料理

9

今日は飲めるぞって意気込みで
次の赤。
右のシャトーモンローズが造るワインに
興味深々。
数年の各年代(年代は明かさず)のを
混ぜて造った結構珍しいワインです。
これが非常に美味しかった。

10

ここはデザートの代わりに
チーズがいただけるので、
非常にいいコースです。

11

最後の赤はメドックで〆。

12

ピスタチオって旨いですね。

妻が仔羊が好きな事。
私がカベルネフランが好きな事
よく覚えていてさすがです。
しかもコースは、¥3800
帰りの道中は妻と
「今度はいつ?」という会話で
もちきりでした。

ワインバーヴァンビックワインバー / 高岳駅新栄町駅久屋大通駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

2016年4月 3日 (日)

いつものお店で

3月5日来店。

1月に行ったきりだったので、
久々のサミュゼへ。

密かに周年祭にならぬ特別メニューで
もうすでに決められていた。

1

でもこのコース、なんとスタートに
ドンペリ付!!

2

お口とり

4

前菜1
フォアグラのテリーヌ

3

早々とドンペリ飲んだので、
次の白へ突入。
ルイジャドのシャルドネ。

6

前菜2
サーモンの燻製。
すっごく燻製感でてておいしい。香りもよし。

5

少しボケてますが、
大好きなラグランジュの白。
「レザルムドラグランジュ 2014」
まだ世に出て間もないヴィンテージ。
やっぱうまいわ。

7

妻の大好きなエスカルゴまで
このコースには付いて、満足。

8

モレサンドニ。
コースとワインはもう決まっていたので、
何が出るか楽しみでした。

9

シャトー・シャスプリーン。

10

いよいよ肉登場。
牛のホホ肉 赤ワイン煮込み

11

最後にアマローネまで飲んで
フィニッシュ。
いやあ、このコースはかなりお得感があって
非常によかったです。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

最近のトラックバック