ワイン集

  • 2008/03
    今まで飲んだワイン全集。 良くも悪くも飲むべし。
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

名古屋グルメ

2016年7月19日 (火)

行きつけのヴァンビック

来店日 2016年6月
今や「K YAMAUCHI」か
「ヴァンビック」か
どちらも行きつけ感が否めない。
 
Dsc008721
最初の泡は
「ロベール・シャルルマーニュ・グラン・クリュ」
これはなかなかいいワインですね。
さすが竹本さん。
 
Dsc008731
前菜
炙りカマスとクスクス入りの生春巻き
前菜からパンチあります。
 
Dsc008741
白はトリンバックのピノ・ブラン
相変わらずうまいです。
 
Dsc008751
スープ
冷製コーンスープ
 
Dsc008761
もう一種類の白
シャサーニュ・モンラッシュ
 
Dsc008771
これは忘れました。
 
Dsc008781
メインに合わせた赤は
「マ・ラ・カーブ・コート・ド・ルーション」
セパージュはシラー60% グルナッシュ30%
カリニャン10%
かなりしっかり目です。
 
Dsc008791
仔羊のカツレツ
ボリューム満点。でもイタリアン的かな。
 
Dsc008801
もう一杯の赤はボーヌ。
 
Dsc008821
今回もデザートに変えてチーズ
 
Dsc008811
チーズに合わせそれぞれの赤
左が「シャトー・モンデジール 2012」
実は今年のバリューボルドー 2016の
100本に選ばれた物。
ブライ・コート・ド・ボルドーなので右岸ですね。
セパージュはメルロー65% マルベック25%
カベルネソーヴィニヨン10%
右は「シャトー・オー・ド・プレサンス 2004」
オーメドックなので左岸です。
セパージュはメルロー55% 
カベルネソーヴィニヨン45%
どちらもおいしいです。
竹本さん曰く、私の好きなカベルネフランを
色々探して頂いたみたい。
でもなかなかないんですよね。
まあそんなことは気にしませんよ。
珍しいワインに巡り合えればそれでいいかも。
 

2016年7月18日 (月)

記念日

5月は結婚記念日なので
恒例の「サミュゼ」に。
 
Dsc008601
泡からスタート
 
Dsc008621
島さんからのすっごい
プレゼント。
「シャトー・ラグランジュ 1988」
もうあまり残ってないかもしれません。
これは後半に取っておくので
とりあえず抜栓まで。
デモンストレーションはルイちゃんが
ソムリエ対策でやってくれました。
 
Dsc008631
アミューズ
海老のフリット フォアグラのパテ
コンソメのジュレ
 
Dsc008651
次の白はスペインのソーヴィニヨンブラン
 
Dsc008661
ホタテのソテー 下にはホワイトアスパラガス
 
Dsc008671
もう一本 オーストラリアのシャルドネ
 
Dsc008681
魚料理
 
Dsc008691
肉料理
ラグランジュは抜栓してたので
早めに開いてくれました。
でもまだまだパフォーマンスを出し切れてない感が
少しあるけどやっぱこのエレガントさはたまりません。
こんな貴重なワインありがとうございました。
たしか1月にフランスの「ラグランジュ」へ
行かれた時に買ってくれたんですよね。
 
 

2016年7月17日 (日)

K YAMAUCHI

来店日 2016.4.23
4月は2周年なので
ちょっとした手土産を。

Dsc086541
まずは泡から。
ピエール・ガロ ブランドブラン

Dsc086551_2
アミューズ①
種久の最中
枝豆 ウナギかば焼き
これは前回と同じ

Dsc086561


Dsc086581
次の白はピュイヒュメ
Dsc086591
アミューズ②
知多半島のフルーツトマトのガスパチョ
水牛のモッツアレラ
食べれるのは真ん中のガスパチョのみ
周りは飾りです。でも結構おいしいそう。

Dsc086601
ガスパチョのみをお皿に

Dsc086611
次の白はシャトー・ジョリー
「ジュランソン・セック 2013」
スペインに近いジュランソン
セパージュは、プティマンサン 100%
あんまり見ないワインです。

Dsc086621
ホタテのソテーが来たけど?
うむ?メニューに無い?
ここでサプライズ。
シェフからのお礼だそうです。
びっくり!!

Dsc086641
アミューズ③
幻の宮崎産尾崎牛のコンソメ
岡崎おうはん地鶏
フレンチの料理とは思えないぐらいの器。
ヤマウチシェフはこういう驚きも演出します。

Dsc086651
中はこんな感じ。
この器を使った理由がココにあります。
香りを閉じ込めて、開けても逃がさない

Dsc086681
次の前菜に合わせて
妻の白はアルザスのリースリング
 
Dsc086701
私の白はロワールのヴーヴレイ

Dsc086691
前菜の天竜川の稚鮎
アカシャ海老 うすい豆 そら豆
いつみても芸術的なレイアウト

Dsc086721
魚に合わせた白
アルボワのシャルドネ ビオです。

Dsc086741
魚料理
三重県産ハタ ユイールコキーユ
アサリ 菜の花 あおさ海苔
 
アサリにあおさ海苔 海を感じるなあ

Dsc086761
肉料理
オーストラリア産仔羊のロースト

Dsc086791
仔羊の赤には
シャトーヌフデュパフ

Dsc086821
私のデザート
温製プディング

Dsc086841
妻のデザート
三州三河味醂麹のクリームダンジュ

Dsc086851
小菓子 別腹です。
 
前回と同じメニューがあったけど
相変わらずの創造力と演出力。
もう2年が経つんですね。
なんか、もう何年も経ってる感じがする。
ヤマウチシェフ・鍋山さん
これからも、頑張ってください。

2016年7月12日 (火)

ワイン会 カルナヴァル

前回が2月だったので、
もう5か月が経っていました。

今回はビストロ「カルナヴァル」
初来店です。

料理は、アミューズ・前菜又はガレット・
メイン・デザート又はチーズ
これで ¥4500(税込み) 安い!

Dsc009131
まずはお口取り

Dsc009151
Hさんの前菜
桜海老とほうれん草、カマンベールのキッシュ
少しいただきました。
桜海老の香りが鼻に抜けておいしいです。
 
Dsc009161
Kさんの前菜
シマアジのカルパッチョ
 
Dsc009141
妻の前菜
野菜のココット
結構なボリューム
 
Dsc009181
Sさんのガレット(ラタトゥイユ)
ラタトゥイユ・生ハム・卵・チーズ
私が迷ったものです。
 
Dsc009171
これが私のガレット(ノルディック)
スモークサーモン・トマト・サラダ・卵・カマンベール
この量は想定外です。
 
Dsc009211
Hさんのメインは魚
マダカのポワレ
 
Dsc009201
Kさんと妻のメイン
岐阜美濃ポーク 肩ロースのロティ
トマトとオリーブのソース
すこしのおすそ分け頂き、
私の好きな部位なので、やっぱうまいです。
 
Dsc009191
私とSさんのメイン
USアンガス牛のスティーク・フリッツ
味はビストロではいい方ではないかと。
ポテトが多すぎ。
 
Dsc009241
Hさんはデザート
イチゴのソルベ
 
Dsc009221
Dsc009231
他の人はチーズで〆です。
2~3種類選べます。
隣のテーブルで珍しそうなワインを見てると
隣の席のグループからおすそ分け頂いちゃいました。
それが↓
 
Dsc009251
イタリアの白ワインで
かなりの頑固おやじが造ってるらしい。
色も白といえ、ロゼのような色合い。
写真に撮るの忘れたけど、
味も変わってます。
 
とにかくこの値段で、このボリュームは
さすがビストロ。
でもちゃんと丁寧に作ってます。
ガレットも久しぶりに食べておいしかった。
今回は、年末にスイスで買った泡と
GWにチンクエテッレで買った白を
持ち込んだので、料金もリーズナブルに。
持ち込み料は、1本¥1500.
奥にカウンターがあってそこは喫煙OK。
 
女性のスタッフの対応もすごくよかった。
ただ、声が小さいので、聞き取りにくい場合も。
ガレットが食べたくなったら又来るかも。
Hさん、Kさん、Sさんお疲れ様でした。
又機会があったら、お付き合いください。

カルナヴァルビストロ / 矢場町駅上前津駅栄駅(名古屋)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

2016年6月26日 (日)

はしご

お気に入りのヴァンビック
来店日 2016年4月9日

ヴァンビックに行くために
ゴーゴーバーをアペ利用し
さっそく向かいました。

Dsc086401

カウンターでちょいと竹本さんとお話し。


Dsc086411_2

Dsc086421

前菜 何かのムースだったけど忘れた。

Dsc086431_2

スープ
Dsc086441

魚料理

Dsc086451

魚にムルソー。

Dsc086471

妻の大好きな仔羊出てきました。
すっごく柔らかいです。

Dsc086461

合わせるワインは、ニィイサンジョルジュと
オーメドック
ブルゴーニュは2010年
メドックは2009年
でもここはワインもお値打ちですよ。

Dsc086481

我が家はデザート派ではないので、
チーズをいつものように選択。
でも前もって予約時に言っておく事。

ここのオーナーはつかず離れずに話をしてくれるので
居心地いいです。
シェフの柴田さんもなかなか腕ありますよ。
¥3800でこの料理はすごいの一言。
 

2016年4月14日 (木)

ハムのデパート

生ハムの高級ランク「クラッテッロ」を
唯一食べれる所へ。

1

お店の名前は「GO GOバー」
実は「クラテッロ」をどこかで購入出来ないか
探したけど、断念。

ココは、ハムの充実もさることながら
ワインの充実も半端ないです。
酸化しにくいサーバーがあり、
常に24種類のグラスワインを
ラインナップ。

3

5

6

8

店内は思ってたより狭く、
カウンター約6席ほど、
隅っこにテーブル席。

今回はアペ利用で伝えてあるので、
泡で生ハムを3種類オーダー。

2

これぞ、探し求めていた
高級生ハム「クラッテッロ」
25gで、¥1300なり。

まず香りの芳醇さ、口どけ、
口の中に入れた時のまろやかさ、
それでいて塩分もほどほど、
多少の甘味も感じる。
いつもイオンの安い生ハムしか
食べないので、これは感動もんです。

4

次に頂いたのが、
松坂牛の「ブレザオラ」。
25gで、¥1100
牛肉を塩漬けした物、
といったら解りやすいかも。
イタリアではそういった名前で
作られているけど、日本には
輸入出来ない事となっているので
松坂牛を使って作っている、と言う訳。
熟成度は、バッチリ。
さすが松坂牛、サシもしっかり。
とろけます。

7

最後に注文したのが、
「チンタセネーゼ・サラミーノ」
イタリア・トスカーナ地方の
希少な豚を使ったサラミ。
40gで、¥900

時間がまだ早かったせいか、
お店には、しばらく私だけでした。
なので店長さんと色々お話できて
楽しかった。

店長さんと、もう一人従業員の2名体制。
肉の事や、つきあわせの野菜まで
詳しく語ってて、ちゃんとしてるお店です。
今度はちゃんと腰を据えて
食事しようと決めました。

ゴーゴーバーワインバー / 栄駅(名古屋)栄町駅久屋大通駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.0

2016年4月11日 (月)

覚えていました。

2か月ぶりのヴァンビック
来店日2016年3月20日

お気に入りになった感が
あったが、2か月が経過。

でもさすが覚えてくれてました。
しかも、私がお気に入りになった
ワインも覚えてて、今回は
残念ながら無かったけど。

1

まずは泡。
ミッシェル・アルノー・グランクリュ
ヴェルズネイ ブリュット
セパージュはピノ 100%

2

前菜
野菜のテリーヌ・・・
だけじゃない?いろんなものが
乗っかてる。
海老・サーモン・隠れてますが
ホタテもあり~のボリューム満点

3

トリンバックのピノグリ

4

たしかあおさのスープ

5

魚料理

6

白のマコンフュッセ。

7

赤に突入。
マルサネとイランシー

8

肉料理

9

今日は飲めるぞって意気込みで
次の赤。
右のシャトーモンローズが造るワインに
興味深々。
数年の各年代(年代は明かさず)のを
混ぜて造った結構珍しいワインです。
これが非常に美味しかった。

10

ここはデザートの代わりに
チーズがいただけるので、
非常にいいコースです。

11

最後の赤はメドックで〆。

12

ピスタチオって旨いですね。

妻が仔羊が好きな事。
私がカベルネフランが好きな事
よく覚えていてさすがです。
しかもコースは、¥3800
帰りの道中は妻と
「今度はいつ?」という会話で
もちきりでした。

ワインバーヴァンビックワインバー / 高岳駅新栄町駅久屋大通駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

2016年4月 3日 (日)

いつものお店で

3月5日来店。

1月に行ったきりだったので、
久々のサミュゼへ。

密かに周年祭にならぬ特別メニューで
もうすでに決められていた。

1

でもこのコース、なんとスタートに
ドンペリ付!!

2

お口とり

4

前菜1
フォアグラのテリーヌ

3

早々とドンペリ飲んだので、
次の白へ突入。
ルイジャドのシャルドネ。

6

前菜2
サーモンの燻製。
すっごく燻製感でてておいしい。香りもよし。

5

少しボケてますが、
大好きなラグランジュの白。
「レザルムドラグランジュ 2014」
まだ世に出て間もないヴィンテージ。
やっぱうまいわ。

7

妻の大好きなエスカルゴまで
このコースには付いて、満足。

8

モレサンドニ。
コースとワインはもう決まっていたので、
何が出るか楽しみでした。

9

シャトー・シャスプリーン。

10

いよいよ肉登場。
牛のホホ肉 赤ワイン煮込み

11

最後にアマローネまで飲んで
フィニッシュ。
いやあ、このコースはかなりお得感があって
非常によかったです。

2016年3月 2日 (水)

今年初めのワイン会

すでに常連ぽっくなてきた
「K YAMAUCHI」でワイン会。

バレンタイン近くだったので、
チョコレートとか、私達のお土産とか
交換会みたいに最初はなってましたね。

1

アミューズ1
種久の最中
カリフラワーのムース 雲丹
創業150年の種久の最中。
下に引いてるのはたぶん玄米。
そう言えばこの組み合わせ、
後でシェフに聞こうとおもっていたけど
忘れちゃった。

2

アミューズ2
フグのコンソメスープ
原木椎茸 娃々菜
娃々菜とは、小さな白菜みたいな物。
これって下からローソク当ててて、
ずっと冷めないようにしてます。
ニクイですね演出。でも
最後の方は逆に熱すぎて・・・
これは改良が必要かも。
あ!これもシェフに言うの忘れた!!

3

アミューズ3
フォアグラのソテー
鹿児島県産安納芋
これは最初に皿だけ来たので
中身は?って思ってたら、
後から安納芋に包まれた
フォアグラがやってきました。

4

フォアグラということもあり、
アルザス白で挑戦。
結構芋が甘いのでアルザスは負ける感じ。

5

ここで前菜
ホタテ貝 スナップエンドウ 芽キャベツ
緑鮮やかなイタリアンパセリのドレッシング
ほんとに緑色が鮮やかです。
ここのシェフはお皿と料理と色の
バランスを常に考えてるようですね。

6

前菜にはコルシカ島の白
あまり飲んだことないなあ。
まだ若いからかするっと飲める。

8

魚料理
愛知県産スズキ 新玉ねぎ パンチェッタ
ブラックオリーブ セルフィーユのソース
”セルフィーユ”はハーブみたいです。
ここで1回目のサプライズ。
スズキの上にあわびが・・
シェフからのサービスだそうです。

7

魚料理に合わせたワインは
ボルドーの白 「シャトー・バレ 2010」
ペサックレオニャンなら赤を想像しそうですが、
ココのワイナリーも少しの白ワインを
作ってるみたい。余韻長いです。

10

妻の肉料理
岡崎産 天然鹿肉のロースト

11

私の肉料理
岡崎産 天然猪のパイ包み

9

合わせたワインはポムロール。
「シャトー・ラフルール・サンジョルジュ」
ここでも2010年物。
鍋山さんなかなかやりますね。
たしか去年飲んだけど、
少し濃厚になって来た様な。
セパージュはメルロー・カベルネフラン
半々ぐらい。

12

3人だけチーズ追加

13

妻のデザート
苺のエスプーマと杏仁豆腐
エスプーマはきめ細かい泡って感じです。
私はデザート撮るのわすれました。
少し記憶も薄くなってきてました。

最後に又シェフからサプライズ。

14

シェフが宮崎県出身なので、
宮崎県産デザートワインを
皆さんに頂きました。
そこまで甘くなく飲みやすかったです。

やっぱり人数集まると話がたくさんできて
非常に楽しい。ただ
少し料理に向き合えない気が。。。

Sさんもこの時はたくさん飲んでたけど
大丈夫だったでしょうか?

Kさん、Hさんの近況もきけて
非常に楽しい会になりました。
私達結構騒がしかったかな。
飲んじゃうとあまり周りが
気にならなくなってくるのが恐ろしい。。。

山内シェフ・鍋山ソムリエ、またパンも頂き
ありがとうございました。
又、行きます。

2016年2月19日 (金)

お気に入りリストか?

実は「コリエドール」に行った帰り
妻がまだ余力があるって事で
ヴァンビックへTEL
30分後頃には空くだろうと。


1_2

さすが人気店ですね。
やっぱり満席。
もうすでに飲んでるので赤からスタート。
それぞれブルゴーニュとボルドー。

2_2

生ハムを少々。

3_2

そしてチーズも盛り合わせで。
そうチーズを頼むとあの美味しい
バケットつけてくれます。

4_2

最後に2015年バリューボルドーに
選ばれた「シャトー・ペイショー 2010」
「バリュー・ボルドー」とは、
毎年その道のプロがボルドーの中で
ブラインドし100本を選定。
それがバリューボルドーになるわけです。
2015年はサミュゼの島さんも
参加してたみたい。
すっごくエレガントでセパージュは
結構好きな部類ですね。
さっすがオーナーいい物持ってますね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック